スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月9日(日)岡山戦試合後の件について、東京V戦前に経緯説明会を行いました

3月9日(日)岡山戦試合後に起こった、山中選手へ不適切な文言の入ったマフラーを手渡ししてしまった件について、東京V戦の開門前に経緯説明会を実施させて頂きました。

現地にてお集まり頂いた皆さん、貴重なお時間を割いて頂き、またご静聴頂きましてありがとうございました。
また、その場にいらっしゃらなかった皆さんにはこの記事にて、状況をご説明させて頂きます。皆様全てにご理解・ご納得頂ける内容ではありませんが、ぜひ、ご一読頂き、経緯をご確認頂ければ幸いです。


説明会では、当事者2名と、彼らの所属する団体(BRIGATE GRIDA-LE)の代表者及び、当日のコールリードを行っていた代表代行の4名が、謝罪と状況の説明をさせて頂きました。
また、サポーター連絡協議会から、協議会代表と、SC HALLELUJAH代表が同席させて頂きました。

まず、BRIGATE GRIDA-LE代表及び、代表代行から今回の件につき、お詫びをさせて頂きました。

今回の件は、山中選手の心情を傷つけたばかりか、ジェフ・レイソル全ての関係者に不快な思いをさせてしまった出来事であり、決して許されるものではない。
深く反省をしていること。

クラブ及び、山中選手には試合翌日の3月10日(月)に代表代行及び、当事者2名で謝罪に赴いたこと。
その際、クラブリリースの通り、当事者2名が『厳重注意』の処分を受けていること。
柏レイソルサイドには、クラブを通じて謝罪の意思を伝えて頂いたこと。

また、問題の大きさを鑑みて、自主的な処分として、3ヶ月間の謹慎を、当事者2名とBRIGATE GRIDA-LE代表が行うこと。
さらに、スタジアムにおいてクラブの許可を受けていない物品の手渡しを禁止し、BRIGATE GRIDA-LEのメンバーは、今後一年間に渡り、試合後のスタジアム内のゴミ拾い・清掃活動を行うことを説明させて頂きました。

※補足:当初、BRIGATE GRIDA-LEの代表者からは「自粛期間は無期限」との提示がありました。しかしながら、サポーター連絡協議会では、当事者2名が今回初めて問題を起こしたと言うことも考慮して、今回は3ヶ月と期限をしっかり区切って償うことが妥当と考えました。


その後、当事者2名から、謝罪と経緯の説明をさせて頂きました。
経緯についてですが、

「岡山戦は、昨年秋以来の久々の勝利に喜び過ぎ、冷静な判断が出来ていなかった」
「その喜びのあまり、タオルマフラーに書かれていた文言を認識していたものの、山中選手がこれを受け取ってどう言う心情を抱くかまで考えが及ばず、ジェフで頑張って欲しいとの思いで渡してしまった。」との事です。

しかしながら、現在は、軽率で問題が大きい行動であった事を認め、深く反省をしております。


協議会代表からは、「決してこの謝罪と説明で、皆さんに理解が得られたと思っていない。長年で築いた信頼を残念ながら一瞬で失ってしまった。これからまた、少しずつ、信頼を積み重ねられるよう、我々が行動で見せていくしかない。」と、お話をさせて頂きました。

この謝罪と説明を以って是とせず、今後の再発防止と、信頼回復の為、協議会メンバー一同、真摯に取り組み、クラブへのサポートに精進していく所存であります。
この度の件、改めまして深くお詫び申し上げます。


※また、本件に関しましては、ホーム・フクアリで行われる3月30日(日)の熊本戦の試合前においても、同様に謝罪と経緯報告をさせて頂く予定でおります。
プロフィール

サポーター連絡協議会

Author:サポーター連絡協議会
ジェフユナイテッド市原・千葉のサポータークラブ(SC HALLELUJAH、BRIGATE GRIDA-LE、市原粋犬会、YELLOW DEVILS、GIALLOCONE FAMIGLIA、NAVY、ジェフを応援する会(順不同))から、ジェフサポの皆様へのインフォメーションサイトです。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。